ホーム香典返しのお買い物ガイド会員ログイン仏事・法要の心得香典返しのお問い合せはこちらカートを見る
香典返し専門店 > 香典返しの時期とマナー・挨拶状について

香典返しの時期とマナー・挨拶状について

葬儀後のしきたり|法要時のしきたり|

法要時のしきたり

法要のしきたり

仏 式

葬儀が終わったあと、特定な日や年を決めて故人を追悼する法要(法会・法事とも)を営みます。故人の追善供養のため、日を決めて寺院や自宅、霊園、あるいは墓前で法要が営まれ、そのあと、出席者に茶菓や精進料理をふるまいます。別に宴席を設けることもあります。初七日、14日目を二七日(ふたなぬか)、21日目を三七日(みなぬか)、28日目を四七日(よなぬか)、35日目を五七日(いつなぬか)、42日目を六七日(むなぬか)、49日目を七七日(しちしちひ)といい、これをもって「忌明け」とします。

神 道

仏式の法要にあたるものを、神式では「霊祭」と呼び、葬儀の翌日、霊前に奉告する翌日祭(現在はほとんど行われていないようです)から、十日祭〜五十日祭までの十日ごと、その後は百日祭と一年祭に祭祀を行うのが一般的です。特に十日祭、五十日祭、百日祭は、近親者や友人・知人を招いて盛大に祭祀を行います。五十日祭を迎えた翌日は「清祀の儀」として、神棚の白紙を取り去って平常の生活に戻ります。また五十日祭後、都合の良い日を選んで故人の霊廟(位牌にあたるもの)を祖霊舎に移して祀り(合祀祭)、玉串料をいただいた方々に忌明けの挨拶します。その後自宅を人を招いて行う祭祀は、一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭が多いようです。

キリスト教

カトリック
故人の死亡日から3日目、7日目、30日目、1年目(昇天記念日)に、教会で「追悼ミサ」を行います。(3日目、7日目は省略されることが多いようです)ミサのあとは、自宅などで茶話会を開いて故人を偲びます。また、毎年11月2日は、万霊節(死者の日)として教会聖堂で追悼ミサが行われています。
プロテスタント
死亡後1カ月の昇天記念日に記念式を行います。教会や墓前で行うこともありますが、ほとんどは牧師や友人を自宅に招いて行うことが多いようです。祈りのあと、茶話会でもてなします。これ以降は1年目、3年目、5年目の召天記念日に記念式が行われるようです。



初七日法要とは

亡くなった日から数えて七日目に営む、死後初めての法要です。故人が成仏できるようにと願う大切な儀式。家族や親戚、知人などが集まり、僧侶による読経や参列者による焼香で故人の冥福を祈ります。仏教では人が死ぬと七日ごとに生前の所業を閻魔大王に裁かれ、四十九日目に判決が言い渡されるといわれ、その採決の日を忌日と呼びます。初七日は最初の忌日となり、葬儀後、最初に行われる大事な供養です。また、このときに今後の法要、納骨などの日時を決めておくようにします。


四十九日法要とは

昔から人が死ぬことを「往生(おうじょう)」といいますが、これは「往(ゆ)きて生まれる」という意味。亡くなったときから死出の旅が始まり、四十九日後に他の世界に往って生まれ変わるという言い伝えにもとづいているそうです。この四十九日の間を中陰(ちゅういん)(中有(ちゅうう))といいます。これは現世と来世の中間という意味で、死から新しくなった日から四十九日間は、この世とあの世をさまよっているとされています。いわば、死から新しい生へと生まれ変わる準備期間です。その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることで、亡くなった人は成仏できるとされています(浄土真宗を除く)。この期間を「忌中」。四十九日を過ぎると「忌明け」となり、それまで喪に服していた遺族が通常生活に戻る日といわれています。


五七日が「忌明け」の地方も

地方によっては、故人が亡くなった日から数えて三十五日目の五七日を忌明けとするところもあります。四十九日が3ヵ月目に入ってしまうことを「三月越し」といい、「始終苦(四十九)労が身につく(三月につく)」からと、三十五日目に行う場合も。語呂合わせに過ぎないといわれていますが、気になる場合は、僧侶に相談しましょう。


「忌明け」の次は百か日法要

百か日法要とは「忌明け」が終わってから最初の法要で、亡くなってから百日目に行われます。出苦忌ともいい、娑婆のすべてのことから抜け出して、無の世界に入ることを示します。また卒哭忌ともいわれ、故人への悲しみのために泣き暮らしていたのを泣きやむ日を意味する日です。この法要は遺族のみの場合が多いので、四十九日法要と一緒に行うことが増えてきています。挨拶や遺品の整理などの雑事は「忌明け」から、百か日法要までの間に済ませましょう。


一周忌とは

亡くなられてから満一年の祥月命日(同月同日)に行う法事のこと。以降は定められた年ごとに営まれてる年忌供養の中でも、最も重要な法事として特に手厚く営まれています。一般的にこの日までが「喪中」とされ、一周忌が終わると「喪があける」といい、喪の期間が終了します。


三回忌の意味

亡くなられて満二年目の祥月命日を三回忌といい、一周期と三回忌は必ず、一人の法要を営みます。七回忌以降は、同じ年に法要が重なった場合、まとめて行ってもよいとされていますが、故人の命日に合わせるようにしましょう。


■三回忌の数え方

「かぞえ」で数えるため、死亡年を一年として起算します。三回忌は一周忌の翌年の祥月命日となり、二年続けて年忌法要を営むことになります。


■三回忌以降の法要

七回忌、一三回忌、一七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と追善供養の法要を行います。


法要はいつまで

仏教では、亡くなってから三十三年がたつとどんな人でも極楽浄土に行けるとされています。そのため、年忌法要は、三十三回忌か五十回忌を持って最後の法要の「弔い上げ(とむらいあげ)」とするのが一般的です。戒名を過去帳に転記し、位牌を菩堤寺に納めます。


法要の準備

■法要に招く範囲

初七日、四十九日、一周忌、までは、親族、故人の親しい友人、知人、会社関係者の方々を招くのが一般的ですが、三回忌は関係の深い人だけを、それ以外の法要は身内だけで済ませます。


初七日の準備
■引出物の用意

初七日法要の参列者の方には、お帰りのときに黒白、または銀一色の水引に「志」「粗供養」などと表書きをした引出物をお渡します。引出物には、お茶や洗剤など日用品が多いようですが、荷物になるので参列者の好みで選べるカタログギフトも増えてきています。1世帯1つずつ用意するのが一般的なようです。

■一般的な引出物の意味
お 茶 お茶を飲みながら故人を偲ぶという意味を込めて、香典返しにする習慣が残っています。
砂 糖 仏の世界へ白装束で旅立つという意味と、慈愛を表す意味で利用されます。また消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させるという意味合いから使われています。
シーツ
タオル綿布
仏事では、仏の世界への旅立ちに白装束で旅立つという意味から晒しが利用されていたそうです。その流れがシーツ・タオル・毛布ねとカタチを変えて、現在に引き継がれています。
石 鹸 不幸を洗い流すという意味と実用品として喜ばれるということで選ばれています。
家庭金物 光りものは、昔から魔除けとして用いられていた風習からステンレス、アルミ、銅製品などが利用されます。
陶 器 昔、埋葬していたという習慣から、人間は土に帰るという意味を含めて選ばれています。
漆 器 不幸を塗りつぶすという意味合いと、白木(白装束で仏の世界へ旅立つ)から色直しをするので、二度と不幸が起こらないように願いを込めて選ばれています。

■お礼の言葉

葬儀当日と初七日の精進落しの席では、始めと終わりに列席の方々に対して、喪主か、それに準ずる方がお礼の言葉を述べます。

四十九日法要の準備

故人の追善供養の儀式として営まれる法要の中でも、四十九日法要は忌明けの大切な法事として、特に丁重に営まれます。法要当日の流れは、葬儀と違って進め方にはっきりとして決まりはありません。四十九日法要の準備としては、事前に菩提寺のご住職と相談して日取り・場所を決め、関係者に案内状を送付します。また、会食の式場と引出物の手配、本位牌や仏壇の用意などをしておきます。


■引出物の用意

初七日で紹介した品が多かったのですが、最近では、海苔やお茶、お菓子などの食品や日用品が多く選ばれているようです。金額の相場は5,000円〜3,000円程度。持ち帰っていただくことを考えると重いものや大きいものは避けたほうがいいでしょう。また、好きな品を選ぶことができ、荷物にならないカタログギフトも人気を集めています。引出物ののし表書きは「粗供養」「志」などとし、水引は黒白か銀の結び切りを用います。


一周忌の準備
■引出物は全員に用意

一周忌法要当日の参列者全員に引出物を用意します。引出物によく用いられるのは、タオルセットなどの日用品、お茶やのりなどの日持ちのする食品、また故人の好んだお菓子等の場合もあります。金額は5,000円〜2,000円程度が一般的のようです。遠方から参列いただく方のことを考え、手荷物にならない引出物として、カタログギフトを選ばれる方も増えてきています。引出物の表書きは、どの宗教でも共通に使うことができる「志」が一般的なようです。表書きの下には、「○○家」と姓を入れます。水引は不祝儀用の黒白を使用する場合もあれば、双銀、黄白の結びきりを使用する場合もありますが、地域性があるため、不明な場合は地域の詳しい方に相談してみましょう。


■引出物をいつ渡すのか?

一周忌法要は、「僧侶の読経による法要」と、その後の「会食」という二部構成が多いようです。通常は、以下のような流れで進行していきます。参列者への引出物は、会食後のお帰りのときに渡すのが一般的です。会食の席を設けない場合には、折詰めなどの料理と酒の小壜、そして引出物を一緒にお渡しします。


■一周忌法要の期日

本来一周忌は命日当日に執り行いますが、最近では参加者集まりやすい土・日曜日を選んで行う場合が多いようです。ただし必ず一周忌より前の土・日曜日を選ぶようにします。


三回忌の準備

当日、スムーズに進行するように、遅くとも2ヶ月前には準備を始めましょう。まず、住職と相談をして、法要の日を決めます。卒塔婆を立てる場合は、事前に住職依頼しておきましょう。法要場所ですが、関東は菩堤寺以外で営む場合は、住職「御布施」とは別に「御車代」を包むのが一般的です。また住職が会食を辞退された場合は「御膳料」を包む場合があります。日取り、場所が決まれば、招待客を決め1ヵ月前には往復はがきで案内状を送り、出欠の返事をいただくようにしましょう。参列者の人数が確定してから、会食、引出物を用意します。法要の時の服装ですが、施主側は略礼服を着用し、数珠を忘れずに持参しましょう。


■引出物は全員に用意

一周忌法要当日の参列者全員に引出物を用意します。引出物によく用いられるのは、タオルセットなどの日用品、お茶や海苔などの日持ちのする食品、また故人の好んだお菓子などの場合もあります。金額は5,000円〜2,000円程度が一般的のようです。遠方から参列いただく方のことを考え、手荷物にならない引出物として、カタログギフトを選ばれる方も増えてきています。


■法要の席順

法要では、故人とゆかりの深かった人が祭壇の近くに座ります。
法事・法要の会場が縦長の場合などの席次例
席順

ワンポイントコラム
■「忌服」の意味
「忌服(きふく)」は「服忌(ぷっき)」ともいい。一般的には「服喪(ふくも)」と呼ばれています。「忌(き)」とは、死者の穢れ(けがれ)を忌み嫌うこと。人の死は穢れたものと考えられ、死者を出した身内は、一定期間、日常生活から遠ざかり、身を慎まねばなりません。この期間を特に「忌中」と呼び、現在では、肉親の死を悲しんで謹慎する期間と考えています。「服(ぷく)」とは、喪服のことで、身内に死者があったとき、穢れた体を喪服に包んで、一定期間、行動を慎み、身を清めること。「忌」と「服」を含めて「喪(も)」ともいいます。忌服の期間を「喪中」と呼びます。現在では、「喪中」は慶事を慎む期間とされています。

■形見分け
故人の分身という意味で「片身分け」とも書き、「譲り物」「袖分け」「裾分け」とも呼ばれます。近親者や特に親しかった人に遺品の形見分けをするのが、忌明けの頃。故人が使っていた衣類(着物、ドレス、帯など)、装身具(指輪、ネックレス、カウス、ネクタイピンなど)、趣味の道具(茶、釣り、ゴルフなどの道具、万年筆、蔵書など)など。本人の匂いがしみついているので、「垢つき」「お手汚し」などともいわれます。しかし、高価な貴金属類など、品物によっては贈与税の対象になることもありますので、注意しましょう。形見分けは包装せずにそのまま渡し、基本的には目上の人は控えます。

法要の進め方

法要当日の用意

当日は、花やお供物(お菓子、果物など)お布施、引出物などの用意します。お寺によっても用意すべきものが違うので事前に確認しておきましょう。
【1】施主による一周忌の挨拶
【2】僧侶の読経
【3】参列者による焼香(施主から始め、故人と関係の深かった順に)
【4】僧侶の法話
【5】お墓参り(墓地が遠い場合は省略)
【6】施主の挨拶
【7】会食(おとき)※コラム参照
【8】引出物のお渡し後、散開


初七日法要の手順

【1】後飾り壇(後飾り壇は小さな祭壇で、忌明けの四十九日まで飾ります)に火葬場から持ち帰った遺骨と位牌、遺影、遺骨を安置した後、僧侶の読経を拝聴します。
【2】焼香/まず親族が焼香し、それから弔問客に焼香していただきます。
【3】精進落し/法要終了後、一同に茶菓や料理をふるまいます。
【4】最後に、喪主が親族・お手伝いの方にお礼を述べ、法要の引出物などを渡します。


四十九日法要の流れ

【1】僧侶による読経のあと、参列者による焼香、僧侶の法話が行われます。納骨がこの日に行われることがあります。
【2】法要が終わると、会食会場に移動して、参列者をおもてなしするための席を設けます。会席には僧侶もお招きします。
【3】施主のお礼の挨拶を行います。
【4】参列者に引出物をお渡しして解散となります。


一周忌の流れ ※三回忌も同じ手順

【1】施主による一周忌の挨拶
【2】僧侶の読経
【3】参列者による焼香(施主から始め、故人と関係の深かった順に)
【4】お墓参り(墓地が遠い場合は省略)
【5】施主の挨拶
【6】会食(おとき)
【7】引出物のお渡し後、散開

ワンポイントコラム
■おとき(お斎)
精進料理が正式な形ですが、ホテルでの会食や仕出しなど、精進料理でない場合は増えています。ただ、鯛や伊勢海老などは避けた方がいいので、予約の際に法事利用を告げ、献立の内容の確認をしておきましょう。

■服装
施主および親族は、喪服着用が基本です。男性はブラックスーツに黒ネクタイ、靴下も靴も黒。女性は黒生地のワンピースやアンサンブルにパールのネックレスなどで、ストッキング、靴も黒にします。

エクセル注文

手提げ袋無料
返礼品 カタログ請求無料

香典返しの時期とマナー・挨拶状についてはこちらをどうぞ葬儀後のしきたり 法要時のしきたり
カートの中身
   カートを見る
カタログギフトの有効期限について

■営業カレンダー■

 
 
休業日 日曜、祝祭日 定休


↓当社運営ショップオススメ商品たち↓

カタログギフト無料請求
やっぱり贈り物はじっくり選びたい、予算を抑えたい方にオススメ!!


グループ 運営サイト
Copyright (C) 2010-2017 香典返し専門店 , All rights reserved.