ホーム香典返しのお買い物ガイド会員ログイン仏事・法要の心得香典返しのお問い合せはこちらカートを見る
香典返し専門店 > 香典返しの時期とマナー・挨拶状について

香典返しの時期とマナー・挨拶状について

|葬儀後のしきたり|法要時のしきたり

葬儀後のしきたり

香典返しについて

本来、香典返しは四十九日直後にお礼の挨拶に伺うものですが、現在の交際範囲の広がりや時間的な制約もあって、品物に忌明けの挨拶状を添えて送ることで感謝の気持ちを表すことがマナーとして定着しています。

香典返しの時期
仏 式
  • 四十九日法要後にまとめて発送されるのが一般的。
  • 四十九日が年を越したり、正月の三が日にかかるときは三十五日(五七忌)後に。

四十九日(七七日)の忌明けを営むまでは「忌中・喪中」の期間なので、喪に服している間のお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。地方によっては初七日後のところもあるようです。香典返しには、納骨あるいは四十九日(三十五日)の法要を済ませた旨を伝え、丁重にお礼を申し述べた挨拶状や礼状を添えます。

【包み方と礼状】
香典返しの品物には奉書紙、半紙などに包み、弔事用の黄白または黒白の水引をかけます。表書きは上段に「忌明」または「志」。下段には送り主である喪主の姓名を書くことが多いようです。

神 道
  • 三十日祭または五十日祭を忌明けとし、挨拶状とともに香典返しをします。

香典返しはもともと仏式のしきたりなのですが、一般的な習慣として神式でも仏式と同じようにすることが多いようです。神式の場合の挨拶状も仏式と同じような趣旨で書けばいいのですが、「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」などの用語はさけましょう。香典返しの表書きは「偲草」「志」です。

キリスト教

キリスト教には「香典返し」という習慣がありませんが、一般的な習慣として三十日祭の召天記念日に納骨を済ませ、その旨の挨拶状を添えて故人を記念する品を贈ることが多いようです。香典返しの表書きには「偲び草」「志」などで、「忌」という言葉は使いません。挨拶状には「冥福」「成仏」「供養」「回向」などの用語はさけ、「急逝」「永別」「召天」「神のもとに召され」などの言葉を使います。


香典返しの目安

香典返しの目安は、従来のしきたりでは「半返し」といって、一般的には香典をいただいた額の半分相当を目安としてお返しをされる方がおおいようです。最近では、相手の方が好みの商品をチョイスできるギフトカタログ(お返しの金額に応じた、それぞれのカタログが用意されています)が人気を集めています。

ご一同様で
いただいた
香典返し

いただいた金額にもよりますが、ご一同の皆さんで召しあがれるお茶やコーヒー、お菓子などをお返しすることが多いようです。
また、タオルなどを人数分用意するのもいいでしょう。しかし、中身の金額が通常個々人にいただく金額と変わらない場合は、きちんと個別にお返しを。

生花・供物
お見舞いも
いただいた
香典返し

香典以外にいただいた分もお礼をしたい場合は、香典金額を少し多めにいただいたつもりでお返しします。また、香典と、他にいただいた分のお返しを別々に行う場合もあるようです。

弔電の場合の
香典返し

弔電には、お礼の品物をお返しされることが少ないようです。
しかし、いただいたご厚情にたいしては葬儀後、なるべく早い時期にきちんとお礼のご挨拶をしましょう。


必ず忌明けの挨拶状を添えて

香典返しをするときは、お世話になったことのお礼と四十九日法要・納骨が済んだこと、戒名の報告などの意味を込めて商品に挨拶状を添付します。しかし、自宅の近所で直接渡す場合には挨拶状は必要ありません。忌明けの挨拶状は、和紙(巻き紙奉書紙)に薄墨の筆文字で手書きまたは印刷をし、奉書封筒に入れます。薄墨は涙で墨がにじんでいるように見えるため、葬儀では薄墨が一般的です。また、不祝儀に用いる封筒は、不幸が重ならないようにとの意味合いから、二重封筒は使いません。


■会社で手渡しの香典返しにも挨拶状を

お返しのタイミングは、やはり四十九日(仏式)法要後に手渡しされる方が多いようです。しかし、葬儀後出社した初日には一言お礼を述べましょう。また、四十九日まで待たずにお返しをしたいという場合は、葬儀後なるべく早く渡します。会社の手渡しには、本人がいない場合も考慮して挨拶状を添付しておきましょう。


■即日返しの最近の傾向

香典返しには「即返し(当日返し)」と「忌明け返し」の2種類があります。「即返し」は関東・東北地方を中心に、近年西日本でも増える傾向にあります。「即返し」は、忌明での返礼は名簿の整理などで大変なのに対し、香典と引き換えであれば渡し損ねもなく便利という理由から増える傾向にあります。一方「忌明け返し」は、三十五日あるいは四十九日の忌明けを待って礼状を添えて返礼するものです。頂いたご香典の50〜30%の金額の商品をお返しするのが一般的です。

ワンポイントコラム
 当店の基本は 『内のし』です。
 特にご指定が無い場合は、内のしとなります。
 内のしと外のし
 【内のし】
  気持ちを控えめにする場合は、品物に直接熨斗紙をかけてから
  包装します。
 【外のし】
  気持ちを強調したいときやお返しを持参する場合は、包装紙の上から
  熨斗紙をします。
お返しベスト10
 1位 カタログギフト
 2位 タオルセット
 3位 お茶
 4位 のり詰合せ
 5位 コーヒー・紅茶
 6位 石けん・洗剤
 7位 しいたけ
 8位 肌布団・毛布
 9位 菓子
 10位 靴下セット

葬儀後の心得

通夜・葬儀の粗供養とは

通夜や葬儀にご参列いただいた方々に感謝とお礼の気持ちを伝えるためのお返しの品。香典返しとは別に会葬礼状とともに渡します。あらかじめ人数を予測してその分を用意しておきましょう。


■粗供養の金額・選び方

人数や品物によって大きく変わりますが、通夜や葬儀にご参列いただいた方々に1000円〜500円程度の品をお渡しするのが一般的なようです。お通夜ではお茶や砂糖、葬儀ではタオルやハンカチといった品が多いようですが、最近ではお通夜と葬儀に同じ品を渡される場合も多くなってきています。例えば、砂糖やお茶、石鹸、ハンカチーフなどの日常的な品物が選ばれています。


会葬礼状を添えて

ご参列いただいた一人ひとりに、お礼の言葉を述べることは当然のことですが、通夜や葬式当日には不可能に近いといえるでしょう。そのために会葬礼状をお渡しして意を尽くし、粗供養品とともにお渡しします。


会葬礼状の流れ
手配 ●故人との続柄は、喪主からみた関係を「亡父」「亡祖父」などと書きます。
●通夜・葬儀に手渡しする場合は、宛名不要。
●およその数を計算し、会葬予定者の数よりも多めに手配をしましょう。
手配 ●通夜・葬儀の参列者が記帳終了後にお渡しします。
香典のあるなしにかかわらず、会葬へのお礼としてお渡しします。
手配 ●葬儀に参列できずに弔電だけの方には、お礼状を送ります。
葬儀に参列できずに、供花、お供物などをいただいた方にも、お礼状を送りましょう。できれば会葬礼状とは文面を変えて手書きで。葬儀が終わってからなるべく早く出しましょう。

通夜・葬儀でお世話になった方々へのお礼品

通夜・葬儀の受付など、お手伝いやお世話になった方々にお礼の気持ちをお渡しする品物です。葬儀後なるべく早くお伺いしてお礼を述べましょう。グループでお手伝いいただいた場合は、全員で分けられるお菓子や品物などを、個別の場合は1000円前後の品物を返されている方が多いようです。


通夜とは

遺族・親類縁者が集まって故人に付き添い、静かに過ごす最後の夜のこと。最近では、半通夜といって、夜6時ごろから1時間ほどの通夜を行うことが多くなっています。自宅で通夜を行う場合は、受付の人を決めて弔問者の名前を記帳していただく用意をしておきましょう。


夜伽とは

通夜から翌日の葬儀当日の死者を葬るまでの間、近親者が祭壇に安置されている故人の柩の側で、夜を徹して交代でローソクと線香を絶やさないようにして守ることをいいます。もともと家族、親族縁者・親しい知人・友人たちが葬るまでに故人が蘇生することを願って夜通し付き添っていたことに由来しています。また、故人が浄土への道を迷わないようにとも言われています。


■挨拶回り

葬儀でお世話になった近隣の方や世話役代表、葬儀委員長、寺社や教会などへの挨拶回りは、葬儀の翌日か翌々日に済ませましょう。個人の恩人や勤務先など少し離れたところへは、先方の都合を伺った上で、遅くとも初七日までに直接挨拶に出向くのか礼儀です。

ワンポイントコラム
■葬儀と告別式の違い
本来「葬儀」と「告別式」は区別して行われれていました。葬儀は故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が故人を葬り、浄土に導く引導を渡すために営む儀式で、正式名称は「葬送儀礼」といいます。一方、告別式は葬儀を終えたあとに友人、知人、近親者、勤務先の関係者などが故人と最後の別れをする儀式のことです。土葬から火葬に変わった現在では、参列者が墓地まで行って別れをする機会がなくなるなど、葬儀そのもののしきたりが変わってきました。そのために葬儀と告別式を同時に行うのが一般的になり、告別式参列者も焼香をするという会葬で故人と別れをする形式になってきています。

■念珠
神式やキリスト教の場合は必要ありません。数珠は人間の百八つの煩悩を除くという意味から、108個と、その半分の54個、54個と同じ長さで大きめの球を使った27個があります。女性は54個が一般的なようです。

■焼香の仕方
焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼。焼香台の前に進んで遺影を仰いで一礼、合掌。焼香は、数珠を左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまんで目を閉じて軽く念じながら焼香します。回数は1〜3回と宗派によって様々ですが、一般参列者は特に気にする必要がないようです。数珠について、遺族や近親者は、お手洗いに行くときは、必ず数珠は持ってはいらずに、席に置いていくかなどして、お手洗いにいきましょう。こういう場所は、穢れとされ、数珠などの煩悩を除くための数珠などを持ち入ることは、いけないこととされています。鞄、ポケットにしまって入ってもいけません。持ち入ることじたいが、だめとされています。

■精進落し
僧侶や親族、お世話になった方々に、酒食のふるまいとしての宴席。祭事の期間中や葬儀(精進の期間が終わり)で、もとの生活に戻るときに、生臭い肉や魚を食べたり、酒を飲んだりして、区切りをつけたのが始まりといわれています。

葬儀後の手続き

家族がなくなると、悲しみに浸る間もなく慣れない手続きが沢山あります。いろいろな打ち合わせや諸届けから、故人の死後の整理など…。愛する方の旅立ちを心おきなく送ることができるよう、お金を受け取る手続きなどを中心にピックアップしました。

葬儀後の諸手続きチェックシートPDFはこちら
エクセル注文

手提げ袋無料
返礼品 カタログ請求無料

香典返しの時期とマナー・挨拶状についてはこちらをどうぞ葬儀後のしきたり 法要時のしきたり
カートの中身
   カートを見る
カタログギフトの有効期限について

■営業カレンダー■

 
 
休業日 日曜、祝祭日 定休



グループ 運営サイト
Copyright (C) 2010-2018 香典返し専門店 , All rights reserved.